【マタ活日記】働くママが自分で申請しなきゃいけない産前産後の手続きを紹介



はじめに

こんにちは!かいです!前回「夫に産後やってほしい申請」のリストを作りました!

関連記事

はじめに こんにちは!かいです!私たち夫婦は共働き会社員です! 今回はパパでもできる、必要最低限を抑えた「産後の申請TO DOリスト」を共有します!誰かのお役に立てば光栄です♪ 【この記事がおすすめな人】・会社員として共働きの夫婦[…]

 

今回は、ママ自身が産前産後やらなきゃいけない申請のまとめです!「これさえ抑えておけば大丈夫だろう!」という内容をカンタンにまとめました!皆さんの参考になると嬉しいです♪

 



働くママが自分で申請する手続き一覧

働くママは、ママ自身が社会保険に加入しています。

その場合、ママが加入している社会保険から手当金や給付金が支払われます。

以下、働くママが行う申請一覧です。

働くママが自分で申請する手続き一覧
なにを いつまでに どこで なんで
出産育児一時金 出産翌日から2年以内 直接支払制度→病院        受取代理制度→病院&健康保険 分娩・出産費用として42万円もらえるから
出産手当金 産後産後56日目から2年以内 職場 産前・産後に休職した分の手当がもらえるから
育児休業給付金 育休開始日から4ヶ月後の月末まで 職場 育休中の手当がもらえるから
高額療養費制度 診察を受けた月の翌月1日から2年以内 職場 高くなりすぎた医療費の負担を減らせる

 



それぞれの手続きの内容

出産育児一時金

加入している健康保険から、子どもを1人出産する毎に42万円もらえる制度です。

通常、分娩費用(平均50万円前後)から自動で引かれます。

出産育児一時金の受け取りには「直接支払制度」と「受取代理制度」の2種類があります。

直接支払制度なら、出産予定の病院で手続きすればOKです。手続きは、同意書にサインをするくらいなのでカンタンでした。

受取代理制度なら、申請書を健康保険に提出する必要があります。

 
かい
ほとんどの医療機関で「直接支払制度」が使えます!

 

出産手当金

出産前後に会社を休んで給与の支払いがなかった分の手当金です。

支給対象期間は最大で、産前は42日(出産予定日含む)、産後は56日です。

出産手当金は。加入している健康保険から支給されますが、申請は会社経由で行います。申請時期は、産後56日以降から2年以内です。

申請書には、医師に記入してもらう部分と、会社に記入してもらう部分があります。

1日の支給額の計算式は以下の通りです。

【1日あたりの出産手当金】
過去12ヵ月の給料の1ヶ月あたりの平均(標準報酬月額)÷ 30 × 2/3
(賞与は含めない。)  
 
かい
この計算結果に、産休を取った日数
(最大日数:産前42日、産後56日)
をかけると、支給総額がわかります!

 

育児休業給付金

育児のために会社を休んだことで、給与の支払いがなかった分をもらえるお金です。

育児休業給付金は、国の雇用保険から支給されますが、申請は会社経由で行います。申請時期は、育休開始日から4ヶ月後の月末までです。

まず会社に育休をとる旨を伝えます。その後、産後に会社から渡された書類を記入して、会社に提出して完了です。

1ヶ月の支給額の計算式は以下の通りです。

【1ヶ月あたりの育児休業給付金】
被保険者の育児休業開始時賃金日額×支給日数(通常30日) ×67%

(育児休業の開始から6ヶ月経過後は50%)

育児休業開始時賃金日額=休業開始前の6ヶ月の賃金÷180(6ヶ月×30日)
(賞与は含めない。)

 
かい
出産手当金とは計算が異なるから注意!

 

高額療養費制度

病院や薬局で支払ったお金(月額)が、上限を超えた分、返金してもらえる制度です。上限は、年齢や収入で異なります。

例:69歳以下で、年収約370~約770万円の場合
→上限額は、80,100円+(医療費-267,000)×1%/月

申請は、自分が入っている健康保険や協会けんぽに直接申請書を提出(郵送)します。  

高額療養費制度は、世帯の療養費を合算できます。しかし、同じ健康保険の被保険者と被扶養者の分のみ合算が可能です。パパとママが共働きで、それぞれ健康保険の被保険者だと合算できません。

 

 
かい
申請書は、加入している医療保険のホームページからダウンロードできるよ!
 
のん
世帯合算は、子どもの分は、パパかママ扶養者になっている方と合算できるよ!
(パパが扶養者なら、パパと子どもの医療費は合算できる。)
 
 

パパにお願いできる申請はこちらをご参考ください↓

関連記事

はじめに こんにちは!かいです!私たち夫婦は共働き会社員です! 今回はパパでもできる、必要最低限を抑えた「産後の申請TO DOリスト」を共有します!誰かのお役に立てば光栄です♪ 【この記事がおすすめな人】・会社員として共働きの夫婦[…]

おわりに

今回は、働くママが申請する手続きについてまとめました!

【今回のまとめ】
・働くママが申請するものは以下の4つ
出産育児一時金
出産手当金
育児休業給付金
高額療養費制度

参考になると嬉しいです♪  

 

 

最後までご覧いただきありがとうございました(^^)              

 

       


二つのランキングに参加してます! ブログを読んだら下のボタンを2つともポチって帰ってくださいね。そしたらとっても励みになります! ↓ 年の差結婚ランキング
 
にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ にほんブログ村
どちらかフォローしていただくとブログの更新をお知らせします! ↓
かいのんぶろぐ - にほんブログ村

かいのんのYouTubeチャンネルはこちら

 




>ご訪問ありがとうございます!

ご訪問ありがとうございます!

より良いブログにしたいと思っていますので、些細なことでも分からないことが御座いましたら気兼ねなく質問して下さい。エラー報告も喜んで承っております!

CTR IMG