【素人でもDIYで自作する】庭に池を自作した話 その4 和風石のモルタル固定とアク抜き



はじめに

2年前の夏、それは・・・ とても、とても暑い夏でした。

なぜか暑い夏ほど、熱いことがしたくなる。

この記事はDIYで家の庭に池を作った。

熱い夏の物語の第4話です。

第1話はこちら

関連記事

はじめに 2年前の夏、それは・・・ とても、とても暑い夏でした。 なぜか暑い夏ほど、熱いことがしたくなる。 この記事はDIYで家の庭に池を作った。 熱い夏の物語です。 この記事はこんな人向けに書きました 庭に池を自作したい人[…]

第2話はこちら

関連記事

はじめに 2年前の夏、それは・・・ とても、とても暑い夏でした。 なぜか暑い夏ほど、熱いことがしたくなる。 この記事はDIYで家の庭に池を作った。 熱い夏の物語の第2話です。 第1話はこちら↓ [sitecard subtitl[…]

第3話はこちら

関連記事

はじめに 2年前の夏、それは・・・ とても、とても暑い夏でした。 なぜか暑い夏ほど、熱いことがしたくなる。 この記事はDIYで家の庭に池を作った。 熱い夏の物語の第3話です。 第1話はこちら↓ [sitecard subtitl[…]



この記事はこんな人向けに書きました

  • 庭に池を自作したい人
  • DIYが好きな人
  • 庭のリノベに興味がある人



注意点

DIYは”Do It Yourself”=「自分でやろう」という意味です。DIYを実施する場合、全ては自己責任でお願いします。

和風石の配置検討

第3話で水漏れテストが合格したので、次はいよいよ和風に装飾していく。

このままでは殺風景過ぎる。

ジモティでもらってきた石を並べてみるがしっくりこない。

納得できるまで何度も何度も並べ替える。

これでいいかな?って思ってもすぐには工事を開始せず、翌日にまた石の配置に問題がないか確認する。

僕は毎朝早起きして、仕事に行く前にチェックと配置換えを1週間行った。


配置決めの途中の風景。

ちなみに中央の石は高さがあるため、コンクリートブロックを掘り下げている。

石の配置が決まったらオーバーフロー管を埋め込むため、コンクリートブロックに溝を入れる。

オーバーフロー管とは雨が降った時に池から水が溢れないための水の出口です。(下記参照)

オーバーフロー (Overflow, Over flow)

overflowとはwikt:あふれるを意味する英語。河川や水路が氾濫すること。

オーバーフロー管 – 容器の上部に設置してあふれた分を排出するための配管や穴。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブロックに溝を掘ったらそこに15cmほどの長さの塩ビ管を置いておく。

和風石のモルタル固定

石は”配置の順”や”向き”が分からなくならないよう一つづつ固定する。

まず石を一つどけ、どけたに防水モルタルを5cmくらい盛る。

盛った防水モルタルの上に石を置き、防水モルタルがブロックと石とに密着するよう抑える。

次にとなりの石をどけ、どけたに防水モルタルを5cmくらい盛りその上に石を置き、同じように防水モルタルを抑える。

さらに石と石の隙間に防水モルタルを詰め、これも抑える。

この作業を全ての石に対して行い、モルタルが固まるまで放置する。

なお、前章でおいたオーバーフロー用と濾過用ポンプ用の塩ビ管もモルタルで固めておく。


オーバーフロー用に埋め込んだ塩ビ管(完成2年後の写真)

濾過用ポンプ用の塩ビ管(完成2年後の写真)

オーバーフロー用配管

オーバーフロー用の塩ビ管はつけたがこのままでは庭が水浸しになるため、水の逃げ場を作る。

僕の庭には浸透マスがあるため、そこまで塩ビ管を敷設した。

注意点は池から浸透マスに向かって、やや下りにする必要がある。

アク抜き

モルタルは強アルカリ性のため、そのまま水を張って魚を入れると死んでしまう。

このためアクアマリン・ソフトという薬品で中和してpHを下げる必要がある。

メーカによるとアクアマリン・ソフト500mlで1トンの水を中和するらしいが、他の池作りブログを読むとこれでは全然足りないようだ。

また、アクアマリン・ソフトの使用方法は水を張った池にこれを入れるらしいが、これも他の池作りブログを参考に、

10Lのバケツにアクアマリン・ソフトを入れ高濃度のものを作り、ハケでこれを池に直接塗った。

これを3回ほど繰り返し、結局5本必要だった。

pHテスト

pHテストはいたって簡単。

①池に水を貯める。
ペーハー測定器を水に浸す。
③数値をチェックする。

以上です。

コイの適正値はpH7.2前後。テストは合格。

塗装

池の塗装には池用塗料 黒を使う。

なぜ黒かというと、黒が一番コイにとって落ち着く色らしい。

見た目もモルタルの打ちっぱなしよりカッコよくなります。(あくまで僕的にですが)

なお、塗装は池をよく乾燥させてから行ってください。


まとめ

さて、今回の作業で池に水を貯めることができるようになり、phの値もコイに適した値になりました。

あとはろ過装置を残すのみ!

次回はいよいよシリーズ最終回、「ろ過装置をつくってからの放流」をお楽しみに!

 
のん
次回もお楽しみに!
 
かい
シーユー!
 

二つのランキングに参加してます! ブログを読んだら下のボタンを2つともポチって帰ってくださいね。そしたらとっても励みになります!
 
にほんブログ村 家族ブログ 年の差夫婦へ にほんブログ村
どちらかフォローしていただくとブログの更新をお知らせします! ↓
かいのんぶろぐ - にほんブログ村

かいのんのYouTubeチャンネルはこちら

 




>ご訪問ありがとうございます!

ご訪問ありがとうございます!

より良いブログにしたいと思っていますので、些細なことでも分からないことが御座いましたら気兼ねなく質問して下さい。エラー報告も喜んで承っております!

CTR IMG